帯状疱疹

帯状疱疹とは?

帯状疱疹はヘルペスウイルスというウイルスの一種によって引き起こされる病気ですが
顔、胸、お腹、背中 といった好発部位のほかに体のいたるところに発症する可能性があり、
患部に現れる水泡を伴った赤い発疹が特徴的で
同時にチクチク、ヒリヒリといった言葉で表現される痛みが持続的に続くとても嫌な病気です。
この痛みが慢性化した状態を帯状疱疹後神経痛といいますが、
その治療は非常に難しく最先端を誇る現代医学にしても
その治療に難渋している痛みの一つです。

帯状疱疹の原因と症状

帯状疱疹の原因

人に感染するヘルペスウイルスは8種類ありますが、帯状疱疹はその中の一つである水痘帯状疱疹ウイルス(ヒトヘルペスウイルス3型)というウイルスにより引き起こされる病気です。
私たちのほとんどが子供の頃感染した経験を持つ水痘(水ぼうそう)はこのウイルスの初期感染期で、この後ウイルスは体内の奥深く神経に沿って潜伏感染し、何年もまたは何十年もじっと潜んでいる状況が続きます。

そしてそのじっとしていたウイルスが何らかの原因で再活性化して現れる症状が帯状疱疹という病態です。
帯状疱疹は高齢者、HIV患者に頻発する特徴と、免疫不全の患者ではより重篤化するという傾向がありますが、しかし明確な悪化因子は特定されていません。

帯状疱疹の症状
帯状疱疹の症状

ふつうは身体の片側に疼痛(チクチクヒリヒリ等)、違和感が数日(2〜3日)続き、その後その部位に水泡を伴う赤い発疹が出現します。
その病変は一週間ほど続きますが、その後びらん、潰瘍、痂皮の形成の順に経過し皮膚病変は消褪していくのが普通の経過です。
しかし稀には目に病変が及ぶ眼部帯状ヘルペスや耳帯状疱疹という顔面神経などへの帯状疱疹ウイルスの感染が起こる場合があり、重度の耳痛、顔面神経麻痺、めまい、難聴等を起すこともあります。

しかし何と言ってもこの疾病の大変さは、感染再活性化したウイルスによって知覚神経が傷つけられ、帯状疱疹後神経痛という難治で耐え難い痛みを生み出す病態に移行することです。帯状疱疹に感染したすべての患者が帯状疱疹後神経痛に移行するわけではありませんがしかし、
@ 帯状疱疹罹患の「広さ」と「深さ」
A 罹患患者の「年齢」
が大きな因子となると云われており、とくに年齢では60歳までは移行することは少ないが、
60歳以上になるとその確率は高くなり、80歳以上になるとその確率は50%といわれています。

帯状疱疹の治療

帯状疱疹治療の主眼は皮膚症状が治まった後も残り続ける帯状疱疹後神経痛といわれる病態への移行の防止に向けられます。そのために経口または静注による抗ウイルス薬による治療が必要で、それはなるべく早期に、理想的には皮膚病変が表れていない前駆症状期に行われるか、遅くとも皮膚病変出現後72時間以内に行われるべきだと云われています。

治療は7〜10日間行われ、それによりウイルスの増殖を抑え、感染規模(広さ、深さ)の拡大を防ぐことになり、帯状疱疹後神経痛への移行防止に有効であるとされています。
しかし不幸にも移行を阻止できなかった場合その管理は非常に難しくなる場合が多く、治療法も本質的に決定的効果を示すものは無いのが現状です。

しかしそんな中で取りうる手段としては、
@薬物療法
A非薬物療法
がおこなわれていて、薬物療法では抗うつ薬や麻酔薬による神経ブロック法が行われたり
オピオイド鎮痛薬が用いられたりする場合があります。
非薬物療法では経皮的通電神経刺激法や鍼灸治療、心理学的方法として行動療法なども用いられたりします。

帯状疱疹後神経痛に対する鍼灸治療

帯状疱疹

帯状疱疹後神経痛に対する治療法においては本質的に決定的効果を示すものは無いのが現状であるというのは前に説明した通りです。
では鍼灸療法にその有用性が認められないのか?というと決してそんなことはありません。
鍼灸療法は現在行われている帯状疱疹後神経痛に対する治療法の中でも極めて安全で、また個性的な効果を表す治療法として大学病院などの医療現場でも用いられています。

  • 抗うつ薬やオピオイド鎮痛薬のような副作用の心配がほとんどない
  • 筋性痛、神経障害性疼痛といった発生原因の異なった多種類の痛みに有効である
  • 帯状疱疹その物ばかりではなく長く続く痛みのストレスのために引き起こされる頭痛、肩こり、不安、不眠といった様々な付随症状に有効である
  • 帯状疱疹後神経痛に対する治療と同時に、鍼治療という刺激により副交感神経優位の状態に導き、身体全体の血流改善、赤血球、白血球の新生による免疫能の賦活がみられることから予防医学的効果も期待できる

帯状疱疹に関するご質問について

小川東洋鍼灸院では帯状疱疹について、お悩みを受付けております。
少しでも皆様のお役に立てればと考えておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせフォームはこちら>>>

初めての方へ痛みについて鍼灸療法とは鍼灸治療適応疾患表ペインクリニックにおける鍼灸療法
逆子帯状疱疹|スポーツ障害治療費について院長挨拶よくある質問と答えお問い合わせHOME

Copyright(C) 2010-2012 痛み治療専門鍼灸院 小川東洋鍼灸院. All Rights Reserved.