緩和ケア

緩和医療・緩和ケアについて

緩和医療・緩和ケアについて

緩和医療という概念は、1989年にWHO(世界保健機構)により提唱された「がんの診断時から終末期に至る全過程にQOLを重視した医療」に基づいて出来あがったものです。
すなわち、がんの療養期間の全過程において患者のquality of life (生活の質)を最大限に高めることを目標とした医療であり、そして緩和ケアとは、がんに伴う痛みなどの身体的・精神的な苦痛トータルペイン(total pain:全人的痛み)としてとらえ、それらに様々な治療法を用いて対処しようとする医療なのです。

がん患者の痛み

終末期がん患者の症状は多くの因子が複雑に絡み合っている場合が多く、
その治療には受けもち診療科の枠を超えた集学的(緩和チーム)介入が必要になります。
1例として痛みを一つをとってみても様々な痛みがあり、
その原因として大きく分けて4つの痛みが混在しています。


  • 1) がん自体(腫瘍の浸潤や増大、転移など)が直接の原因となる痛み。
  • 2) がん治療に伴って生じる痛み。
      (術後痛や術後の慢性疼痛、化学療法による神経障害に伴う疼痛など)
  • 3) がんに関連した痛み。
      (長期臥症《長期で床についている状態》に伴う腰痛、リンパ浮腫、褥瘡《床ずれ》など)
  • 4) がん患者に併発した、がんに関連しない疾患による痛み。
      (変形性脊椎症、帯状疱疹など)

  • このように単に痛みといっても様々異なった原因を含んでおり、
    その治療には集学的治療は必須です。
    そしてそのことに対処するために出来あがったのが緩和ケアということになるでしょう。

緩和医療・緩和ケアにおける鍼灸療法について

緩和医療における鍼灸療法の役割

鍼灸療法は緩和ケアの一治療法として取り入れられており、
ケア・チームの一員として機能しています。
がん治療の中で治療を難渋させる原因の一つに薬物(特に抗がん剤)による副作用があります。
薬の性格上やむを得ないものであるとはいうものの、反応が重篤になると治療の中断もせざるをえない場合さえあり、治療計画を狂わせる原因の一つとなっています。
鍼灸療法はそんな化学療法で傷ついた患者の身体的・精神的な内面の賦活剤的(活力を与える)効果として使われており、抗がん剤による消化器症状や嘔気・嘔吐、長期臥床(長期で床についている状態)から来る様々な部位の凝りや痛み、また精神的不安から引き起こされる不眠や痛みなど、広範に用いられ有効性を発揮しています。
鍼灸療法の良さは、現在実施進行中の治療にほとんど影響を与えないことと、治療自体の副作用がほとんど見られないこと、またその効果が西洋医学では苦手としている不定愁訴(熱感、しびれ、だるさ、冷えなど)に対しても効果的であることと、且つ適応範囲の広さなど、鍼灸療法ならではの効果があるからです。
そのため現在行われている治療と同時進行で治療を進めることが出来、
縁の下の力的存在で貢献しているところです。

緩和医療における鍼灸療法の現状
当院の緩和ケアに対する取り組み

緩和ケアという世界に参加している鍼灸師、または鍼灸院は全国的に見ればまだ極めて少ないと思われます。
理由は鍼灸療法が緩和ケアに有効であるということがまだ医療者側に十分認知されていないことと、鍼灸師自身の側にも緩和ケアという世界観が認知されておらず、また、チーム医療という形での参加が基本の緩和ケアに鍼灸界が不得手であるという事情があると思われます。

それは例えば胃がんで入院をされた患者様がおられたとして、当初、手術適応で外科若しくは消化器外科に入院された患者様が不幸にも術後転移が見つかり、近くの組織への連続浸潤、リンパ節転移、臓器転移、骨転移、脳転移などと広がっていった場合に主科だけでは対応しきれなくなってしまうことがほとんどです。
それはほかの部位のがんでも同じで、その為にそれをサポートする存在として緩和ケアが存在し、各専門職が患者様の苦痛の除去や療養中のQOL維持に貢献するために働いている訳です。
そういうことからチームケアが基本の緩和ケアに鍼灸師として参加するための必須条件として、自分の領分である鍼灸療法の技術的な面はもとより、一緒に参加している他の専門職の内容的な理解と患者様に対する幅広い(心理面から身体面まで)知識と理解が必要となってくると思われます。

当院の緩和ケアに対する取り組み

当院の緩和ケアに対する取り組み

緩和ケアの世界に当院が最初から取り組んでいるのは院長が歩んできた医学界での経歴と緩和ケアに対する強い思いがあります。医学の世界のスタートから10年に及んだ病理学教室での時間とその間に経験した1542例という病理解剖は、その後の病理観、病態観の形成に多大な影響を与えてくれました。そして、その病理解剖に身を挺して下さった1542名の患者様は私にとって医学上の師であり、感謝してもしきれない存在となったのです。そして、そのようなことからその方たちに何らかの形で恩返しがしたいとの思いがつのり緩和ケアという道を志した次第です。その後、緩和ケアの中でも大きなウエイトを占める除痛という技術を学ぶためにペインクリニック科に移り、外来での臨床経験も積むことが出来たことが現在の緩和ケアで患者様と向き合う時の大きな支えとなっています。

緩和ケアはホスピスではありません

緩和ケアは時々ホスピスと同義に扱われることがありますが緩和ケアはホスピスとは違います。
ホスピスケアはいわば、がんとの闘いはやめて苦痛を少なくして残りの時間を生きる・・・というものです。
緩和ケアはもちろんホスピスケアでも行われることはありますが、まだ治療を必要とする段階で、というよりも、がんと診断されたその時から始まるのです。
がん治療はがんとの闘いでもあります。その闘いに臨むに当たり痛みや不安などを改善することにより、より良い条件下での治療が可能になります。
そしてそれは同時に闘いへのモチベーション・アップにもつながり効果的な治療の一助となるはずです。 その様な治療に鍼灸療法は貢献しているのですが、縁の下的力の貢献の所以です。

緩和ケアにおける鍼灸療法適応症
●がんによる痛み
●術後の慢性疼痛(傷口の痛みなど)
●抗がん剤や鎮痛剤などに伴う痛みや冷感
●長期臥床(長期で床についている状態)に伴う腰痛や体各部の痛み


●リンパ浮腫
●褥瘡(床ずれ)の予防及び治療
●便秘
●帯状疱疹などの難治性疼痛
●不安および不眠
●呼吸苦
●その他の痛み全般

初めての方へ痛みについて鍼灸療法とは鍼灸治療適応疾患表ペインクリニックにおける鍼灸療法
逆子帯状疱疹|スポーツ障害治療費について院長挨拶よくある質問と答えお問い合わせHOME

Copyright(C) 2010-2012 痛み治療専門鍼灸院 小川東洋鍼灸院. All Rights Reserved.