ペインクリニックにおける鍼灸療法

慈恵医大病院ペインクリニック科では

最近一般に知られるようになってきたペインクリニックですが、主な仕事は「痛みの診断とその治療」を主としている診療科です。
一口に痛みといってもその痛む部位、原因、傷害の程度、状況、等により異なり、急性疼痛、慢性疼痛、体性痛、内臓痛、神経因性疼痛、心因性疼痛 といった具合で、そしてこれらはそれぞれ治療法が異なるため正確な診断と適切な治療法が選択されなければなりません。
そのため私が所属していた慈恵医大病院ペインクリニック科ではこの診断と治療の手段として、神経ブロック法、薬物療法、鍼灸療法、物理療法、リハビリ療法、心理療法といった方法をとりながら診療にあたっているのです。
その中の一つとして用いられている鍼灸療法ですが、副作用の少ない非常に応用範囲の広い治療法として認識されており、医療者と患者様双方の信頼を得ている治療法です。
ペインクリニックにおいて鍼灸療法は、帯状疱疹後神経痛や三叉神経痛といった神経因性疼痛、頚腕部痛や腰部痛などの体性痛、ハント症候群やベル麻痺といった顔面神経麻痺などに主に用いられ、その他の様々な痛みや自律神経疾患の治療にも用いられています。
基本的には神経ブロック法、薬物療法やその他の療法と併用が基本となっていますが、薬物療法では副作用が心配な場合や神経ブロック法を使えない場合など、鍼灸療法単独での治療がおこなわれるケースも少なくなく、そういった意味でも応用範囲の広い、且つ併用しても他の治療法に影響を与えることが少ない非常に安全な治療法であることが分かると思います。

初めての方へ痛みについて鍼灸療法とは鍼灸治療適応疾患表ペインクリニックにおける鍼灸療法
逆子帯状疱疹|スポーツ障害治療費について院長挨拶よくある質問と答えお問い合わせHOME

Copyright(C) 2010-2012 痛み治療専門鍼灸院 小川東洋鍼灸院. All Rights Reserved.