東京にある鍼灸院です。逆子の原因、直し方について間違った知識で治療していませんか? 鍼灸、お灸を含め、逆子体操など多角的に正しい知識で妊婦さんと赤ちゃんの負担を減らしましょう。逆子の対策や原因をまとめてみましたので参考にしてください。

産科領域の鍼灸(とくに逆子について)

逆子 鍼灸院

産科領域の鍼灸治療の効果については昔からよく知られていて、悪阻、妊娠に由来するうつ病、肩こり、腰痛、逆子など、様々な症状に用いられてきました。
とくに逆子に対する治療は現代医学が発達した今日でも、その治療的価値は決して光を失ったものではなく、産科の先生方の中にも副作用の少ないその効果に治療法として取り入れておられる先生方がいらっしゃるほどです。


そもそも、逆子になる原因はなんなのでしょうか?
それはこんなに研究が進んだ 現在でもいくつかのリスクを高める要因を上げることはできるものの、それ以外のはっきりした原因は分かっていません。
そのため治療法もこれといった決定的な方法はまだなく、最終的には帝王切開での出産という選択になることが多いようです。
逆子という状態での出産はなぜいけないのでしょう?
胎児は身体に比して頭の大きさが大きいために、足からの出産だと最後に頭が産道を通るために顎や頭が産道に引っ掛かり難産になることが多く、その際、臍帯を圧迫して低酸素血症を起こしたり、腕神経叢(頸から腕へ伸びる神経の束)の損傷や脊髄の出産時外傷を起こして後遺症が出現したり、ひどいときには死亡するなどの事態が起きることがあるからです。

実際、私自身まだ病理学教室に勤務していたころ逆子の状態での出産の後、数時間後に亡くなられた新生児の患者さんの病理解剖を執刀者の立場で行った経験がありますが、剖検をしてみると、脊髄が胸髄の上位の部分で断裂していて、まさに出産時外傷そのものであったということを思い出します。
いかに産科の技術が進歩したといっても、妊婦さんや生まれてくる赤ちゃんにとって出産という仕事は命を賭した宿命的な仕事であることを実感させられた体験でもありました。

逆子の対策

ではそのような状況の中で現在のところ逆子直しにはどんな方法があるのでしょうか?
それには妊婦さんが自分でできることと、病院でしてもらえることの二つがあります。

A. 自分でできること
1.寝る向きを変える
人には寝るときに身体の右を下にしたり左を下にしたりとそれぞれ癖がありますが、 おなかの赤ちゃんはいつもお母さんが下側にしている方に背中を向けていることが多いので、 お母さんが寝る向きを変えてみれば赤ちゃんも向きを変えるかもしれない…という理論です。
2.逆子体操
両ひざと胸を床につけてお尻を高く上げる姿勢。仰向けに寝てお尻の部分にクッションなどを当てて30cmくらい持ち上げるようにするブリッジ法がある。
※ ただし、適応の可否があるので主治医に相談して行うことが大切です。

B. 病院でしてもらえること
3.外回転術
おなかの上に手を当てて赤ちゃんを回転させる方法で、実際にこの方法で赤ちゃんが回るのは6〜7割くらいといわれています。
外回転術を実施するには技術や経験が必要なことと、万一のトラブルに対する対応のための設備やスタッフが必要なこともあり、すべての病院で受けられるというものではありません。
4.鍼灸療法
鍼灸院または病院で受けられる方法。
鍼灸療法による方法は副作用もなく、また時間的にも10分〜15分ほどと短く、妊婦さんへの負担も少ないため胎児への悪影響はほとんどありません。
効果は6〜8割くらいといわれていますが、胎児の動きが固定する妊娠34週以前の受診をお勧めします。
効果機序はよくわかっていませんが、逆子になっている妊婦さんのおなかが冷えていることが多く、そのために温かい子宮の上の方に頭が来ることが多くなるのではないか、ということと、鍼灸治療をすることで子宮の血行が改善されて温かくなるので頭を下に向けるようになるのではないか、といわれています。
5.その他、産科領域での鍼灸適応症
悪阻、頭痛、肩こり、腰痛、うつ病、不眠、むくみ、冷え症 など妊娠後期には分娩促進を目的にした鍼灸療法も行われることがあります。
その他、妊娠を契機に出現する様々な体調の不調に対して、副作用の心配がなく対応でき、妊婦さんの体にも胎児にも安全な非常に優れた治療法です。

初めての方へ痛みについて鍼灸療法とは鍼灸治療適応疾患表ペインクリニックにおける鍼灸療法
逆子帯状疱疹|スポーツ障害治療費について院長挨拶よくある質問と答えお問い合わせHOME

Copyright(C) 2010-2012 痛み治療専門鍼灸院 小川東洋鍼灸院. All Rights Reserved.