お問い合わせ

お問い合わせの前に、『よくあるご質問と答え』をご用意しています。
わからないことがございましたら、お問い合わせの前にまず、ご覧ください。
お問い合わせフォームはこちら>>>

よくある質問と答え

Q.消毒はどのようにしていますか?

A.使っている鍼はディスポーザブル鍼ですから消毒の必要はありませんが、再使用されるシャーレ、ピンセット、ハサミ等は、オート・クレーブ(高圧滅菌装置)を使用して滅菌処理をしています。
この装置を使用するとウイルスも死滅するので安全です。WHOで推奨している方法です。

Q.治療時間はどのくらいですか?

A. 治療に要する時間は、治療をする範囲(全体治療か局部治療かなど)によって変わってきますが、標準的な治療で30分〜40分ほどです。
ただし、初診時は 問診・検査等の時間が必要ですので1時間程をみてください。

Q.鍼はどんなものを使いますか?

A. 使用する鍼はすべてディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)を使用しています。
そのため院内感染の心配はありません。
また鍼の太さは0.2〜0.3mmほどで、一般的な注射針の薬液が出る孔よりも細いくらいですから
治療時の痛みも少なくて済みます。

Q.治療の際、服は脱ぎますか?

A. 治療部位や治療範囲によって異なりますが、基本的に診察のため、および治療時の消毒のためなど治療の確実性と安全性を確保するために着衣を脱いで頂くことがあります。
ただ、治療ベッドはそれぞれ医療用カーテンで仕切られており個室空間と同様の仕様になっておりますので、安心して治療が受けられます。

Q.生理痛がひどいのですが、治りますか?

A. 生理痛は鍼灸療法の適応症となっている症状です。
現に生理痛がある時に対症療法的に受けるのも効果的ですが、予防的な治療も可能ですのでご相談ください。

Q.肩こり、四十肩、頸椎ヘルニア、があります。
こういう状態で鍼灸院に行ったら一度にやってくれるものでしょうか?
それとも箇所、箇所で治療するのでしょうか?

A. 各症状の状態にもよりますが、疾患原因的にみると一つのものに求めることができるように見えますので、同時に治療することは可能であると思われます。

Q.突然、ギックリ腰になり痛みがひどく動くのも辛いです。
鍼灸院でみてもらえますか?

A. 急性腰痛は鍼灸療法の最も得意とする症状の一つです。
病態の診察も含めて鍼灸院で診察、治療することは可能です。

Q.交通事故からしばらくして、首と腰の痛みがひきません。
どこに見てもらえばいいか分かりません。
診察は可能ですか?

A. 交通事故による頸椎捻挫は鍼灸療法が奏功することが知られています。
また腰痛治療もしかりです。
また、急性痛が遷延した慢性疼痛にも鍼の有効性は立証されています。
診察も治療も可能です。

お問い合わせフォーム

お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
印の付いた項目は必須項目となります。ご記入漏れが無いかご確認下さい。
上記内容でお間違いが無ければ、下の「送信をする」ボタンを押して下さい。

初めての方へ痛みについて鍼灸療法とは鍼灸治療適応疾患表ペインクリニックにおける鍼灸療法
逆子帯状疱疹|スポーツ障害治療費について院長挨拶よくある質問と答えお問い合わせHOME

Copyright(C) 2010-2012 痛み治療専門鍼灸院 小川東洋鍼灸院. All Rights Reserved.