初めて鍼灸治療を受けられる方へ

安全性

鍼灸治療

当鍼灸院で使用している鍼は、エチレンオキサイドガスによる滅菌処理をほどこした使い捨て鍼(ディスポーザブル鍼)を使用しておりますので、刺鍼による院内感染(エイズ、肝炎など)の心配はありません。
一度治療で使用した鍼は、再使用することなく捨てられます。
また、鍼の太さも髪の毛程の細さなので、注射のような痛みはありません。

注意事項

副作用について
鍼治療は注射や薬と異なり、体内に物質を入れる事はありません。
鍼という道具を使って体のある特別な場所を刺激し、その人が元々持っている回復力という力を引き出すだけなのです。
ですから基本的に副作用は有りません。
ただ、治療を受けた後、軽い発熱やだるさ・痛みなど、かえって症状が悪化した感じがする事があります。
しかしこれは『好転反応』といって、治る過程において一時的に起こる場合があり、むしろ鍼治療の効果の表れなのです。
薬のような副作用や習慣性の心配はありません。
治療回数について
鍼灸治療は発病して日の浅いもの程早く治ります。
発病して日の経ったものでも数回の治療で激しい症状がピタリと止まることがありますが、たいていは気長に治療を続けないと治りません。
鍼治療の持続効果は、最長4〜5日で無くなってしまいます。
そのような理由から、治療は一週間に2回以上お受け下さい。
※入浴について
鍼灸治療を受けた後1〜2時間ぐらいは入浴を避けて下さい。
またアルコールを控えゆっくりお休み下さい。

保険診療について

※各種健康保険(国保・社保・組合・共済・労災など)取り扱っております。
但、保険適用には医師の同意書が必要です。

※交通事故保険の取り扱いをしております。
交通事故による症状に対する治療は、全て保険が適用されますので、患者様の個人負担は一切ありません。
手続き等、お気軽にご相談ください

保険証

その他ご質問のある方

小川東洋鍼灸院では、どんな小さな質問でも受け付けております。
鍼灸療法、または現在のご自身の状態(慢性的な痛み)についてお悩みのある方は、お問合せフォームからお気軽にご相談下さい。
少しでも皆様のお役に立てればと考えています。

お問い合わせフォームはこちら>>>

初めての方へ痛みについて鍼灸療法とは鍼灸治療適応疾患表ペインクリニックにおける鍼灸療法
逆子帯状疱疹|スポーツ障害治療費について院長挨拶よくある質問と答えお問い合わせHOME

Copyright(C) 2010-2012 痛み治療専門鍼灸院 小川東洋鍼灸院. All Rights Reserved.